mengineer's blog

ニッチなネタばかりですが。

SDK

JAISDK ChunkDataを取得する(TimeStamp編)

半年ほど前の下記ネタの続きです。 (過去記事一覧はこちらから) mengineer.hatenablog.com この時はChunkDataがどんなものか?、JAISDK上でどう参照出来るか?等々、 取っ掛かりの部分でしたが、今回は実際のChunkDataを取得するやり方について。 ChunkDat…

JAISDK ImageInfo内を直接アクセスする

かなり間が空きましたが、以前書いた下記ネタの続き。 JAISDK PixelFormatを指定して平均値取得 JAISDK Pixel値の取得 これらの時は、下記のようにm_ConversionBufferという中間バッファを経由して、 データを参照しましたが、PixelFormatがPackedの場合に下…

JAISDK Pixel値の取得

過去記事はこちらから。 前回のネタで、12bit Bayer GR PackedのみRとGのデータがおかしかったので、 今回は平均値では無くて、J_Image_GetPixelを使ってPixel値を取得してみます。 ちなみにJAISDK.NET Wrapperのマニュアルを見ると、下記4つの関数が有りま…

JAISDK PixelFormatを指定して平均値取得

過去記事はこちらから。 前回の画像データ取得から、更に下記の機能を追加してみます。 カメラOpen時にPixelFormatのNode値(一覧)を取得 PixelFormatの設定を変更出来るように 平均値のラベル更新をタイマーで廻すように 画面にcomboBox1を追加し、PixelFo…

JAISDK 画像データの平均値を取得する

過去記事はこちらから。 前回は単に画像データを表示するだけでしたが、今回は中身を参照してみます。 前回のChildWindowSampleを改造します、最下部にlabelR、labelG、labelBを追加し、 そこにRGB各色の平均値を表示させてみましょう。

JAISDK関係記事の一覧

JAISDKネタが増えてきたので、後で見やすいように整理しました。 基本的な使い方などについて、上から順番になってます。(順次追加していく予定) JAISDK はじめの一歩 JAISDK Node値の取得/変更 JAISDK TransportLayer名の取得 JAISDK 画像データを表示す…

JAISDK 画像データを表示する

JAISDKのネタが続きます、以前の記事はこちら。 mengineer.hatenablog.com mengineer.hatenablog.com ここまでは前準備でしたが、今回は画像を取り込んで表示する部分です、 引き続きSimpleImageDisplayのサンプルで見てみましょう。

JAISDK TransportLayer名の取得

JAISDK上ではGigE,USB3,CXP等々、色々なIFのカメラを接続出来ます。 GigEとUSB3のカメラを同時に接続すると、こんな感じ。 カメラがどのIFで接続されているかは、TransportLayer名で 判断出来ます、 ということで、今回はTransportLayer名を取得する方法につ…

JAISDK Node値の取得/変更

前回の続きです。(下記参照) mengineer.hatenablog.com FactoryOpen → CameraOpen → 所望の処理 → CameraClose というのが 基本的な流れでしたが、所望の処理でカメラのNode値を取得/変更しています。 下記画面の"Width", “Height”, “Gain"というのが各No…

JAISDK はじめの一歩

今更ですが基本に戻ってみよう、ということで、JAISDKの使い方を見てみます、 最新バージョンは3.01ですね、下記に情報載せてます mengineer.hatenablog.com インストールすると、sampleフォルダ内にJAISDKのサンプルが有ります、 CPPがVisualC++、NETがVisu…

JAISDK CXPカメラをつなぐ

約一年前、こんなネタを書きました。 mengineer.hatenablog.com 今回はCXPのカメラをつないでみます、当然CXPのボードも必要、 下記のActiveSiliconのボードを使用しました。 www.activesilicon.com このボードのインストール、設定等は終わっているという前…

Basler pylon XMLファイルの行方?

先日のネタの続き。 mengineer.hatenablog.com この中で、pylonの場合、カメラから読み取ったXMLがPC内に見当たらない? → ProgramDataのGenICam内に有るかも?と書きました、具体的には下記の内容。 このフォルダ内を全削除後、pylonを起動するとbinファイ…

Basler pylonサンプルソフトを試す(Chunk data編)

前回のpylonネタの続き、pylon Viewerでは良くわからなかったので、 Basler提供のサンプルソフトで、Chunk dataの取り方を調べてみました。 インストールフォルダ下を探していくと、sampleフォルダが有ります。 このうちC#には、”Basler.Pylon”と”PylonC.NET…

Basler pylon 入れてみた

pylonはBalserから出ているSDKです、下記はWindows版のページ。 www.baslerweb.com 先日のChunk dataネタでは、JAISDK上でChunk dataの設定を確認しましたが、 Baslerのカメラなんだから、BaslerのSDKで調べるのが本筋やろがい、ということで、 pylonを入れ…

JAISDK 3.01にバージョンアップしてみた

いつの間にやら、JAISDKの新バージョン3.01がリリースされていました、 トップページに情報が無かったので、すっかり見逃していたな。 下記よりダウンロード可能です。 ダウンロード (JAI SDK) 旧バージョン(2.1.6→今まで使っていたやつ)も、ばっさり無く…

JAISDK USB3カメラをつなぐ

JAISDKは、JAIのSDKで(そのまんまやな)下記よりダウンロード可能です。 ダウンロード (JAI SDK) 最新版は2.1.6、上記には”GigE Vision対応カメラのテストや評価”と有りますが、 GenICam対応なので、実はUSB3 Visionのカメラなども接続出来るようです。 英…

Point Greyの新SDK

Point Greyが新しいSDKをリリースするようです、Spinnakerというらしい。 www.ptgrey.com Features are loaded dynamicallyということなので、最初にXMLファイルを 丸ごと一式読み込むのでは無く、その都度必要情報だけをカメラから読み込む、 ということで…

NI-IMAQdx USB3 Visionカメラをつなぐ。

IMAQdxネタも三回目です、今回はUSB3 Visionカメラを接続します! とその前に一回目の最後で言ったように、まずはバージョンアップからですね。 NI Vision Acquisition Software February 2015 を下記よりダウンロードします、 容量は2GBほど有るので要注意…

NI-IMAQdx GigE Visionカメラをつなぐ。

引き続きIMAQdxネタです、前回はUSB3 Vision云々と言ってましたが、 その前に、現状でGigE Visionカメラをつなぐ場合の話について。 ハードやソフトの環境設定などは、下記を参照して下さい。 How to Acquire from GigE Vision Cameras with Vision Acquisit…

NI-IMAQdxはバージョンに御用心

IMAQdxはNIのカメラ用ドライバーです、LabVIEWなどで有名なメーカーですね、 NI Visionという画像処理関係のソフトが三種類有ります。 sine.ni.com 名称 説明 NI Development Module 様々な画像処理、解析までを含む高機能版 NI Vision Builder AI 対話形式…

JAISDKで失敗した話

この何年かずっと、JAISDKというSDKを使っています。 http://www.jai.com/jp/camerasolutions/download/software 先日作ったあるソフトが特定のPC上で動かない!!というクレームで 調査したら、どうやらSDKのバージョンに起因するもよう。 ソフト自体は、ご…