読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mengineer's blog

ニッチなネタばかりですが。

IEEE1588について調べてみた

ナイツ塙風。

ヤホーじゃ無くてGoogle先生です、毎回頼りっぱなし。
あ、先日のネタの続きということで。

mengineer.hatenablog.com

概要はここを参照。
余談ですが、このWebサイトは見やすくて良いです、
”特長”も一覧でイメージが掴めるので、非常に判りやすい。

www.sony.co.jp

・同一サブネット内で時刻を精密に合わせる。
・時刻の基準がMaster、それ以外はSlaveでMasterに同期。
・時刻により複数カメラを同期させる。

IEEE1588は規格名で、実際の仕組みとしては
PTP(Precision Time Protocol) NTPの高精度版ですね。

カメラ以外の装置、制御するPC側やネットワークのHUBなども
IEEE1588対応でないといけません。

当然、対応カメラには精密なカウンタ(みたいなもの)が
積まれているはずだと推測。

もっと詳しい話は、ここ参照。(ダウンロード必要) www.baslerweb.com

時刻の同期

・MasterからSlaveに基準の時刻情報を送信
・Slave側で受け取った時刻を確認
・この差(伝搬遅延時間)を計算
・逆方向(Slave→Master)も同様に測定
・それらの遅延を考慮して更に時刻を補正

要は伝搬遅延も考慮していますよ、ということ
(マイクロ秒で合わせるのだから、当たり前か)

予定動作コマンド

こうして時刻を合わせた複数のカメラに対し、
時刻を指定して、一斉に画像を取り込む

等の動作が可能 → 予定動作コマンド
(Scheduled Action Command )

ハード的なトリガー信号などを使わなくても、
複数のカメラを同期出来るので、便利そうです。

他にも機能は有りますが、ざっと雰囲気だけは判りました、
あとは実際のカメラで、何をどう設定するかですね、
機会が有れば試してみたいところ。

ちなみにこの機能、やはりGigEVision2.0で対応されてるようです、
次は2.0について調べてみよう。