読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mengineer's blog

ニッチなネタばかりですが。

NI-IMAQdxはバージョンに御用心

IMAQdxはNIのカメラ用ドライバーです、LabVIEWなどで有名なメーカーですね、
NI Visionという画像処理関係のソフトが三種類有ります。 sine.ni.com

名称 説明
NI Development Module 様々な画像処理、解析までを含む高機能版
NI Vision Builder AI 対話形式で容易に画像処理を構築出来る
NI Vision Acquisition Software 画像取込機能のみに限定したもの

とりあえずLabVIEW等でカメラを接続して画像を取り込んでみようかな、
というだけなら、一番下のVision Acquisition Softwareが有れば充分です。

価格は60,000円(ここ参照)、ちなみに上の2つは30〜50万円ほどします。

これまでGigE Visionのカメラを接続したことは有ったのですが、
USB3 Visionはどうなるのかな?と調べていたら、ちょっとハマった話。

IMAQdxはUSB3.0 Vision対応している?

上記三種類のソフトいずれも、下記二種類のドライバーソフトが入っています、
似たような名前なので、混同しないように注意して下さい。

名称 説明
NI-IMAQ NI製GrabberBoardやスマートカメラ接続用
NI-IMAQdx GigE VisionやUSB、IEEE1394等のカメラ用

さてNI-IMAQdxはUSB3 Visionカメラに対応しているのだろうか??
”USB3 Vision”で検索しても対応カメラやフレームグラバーしか出てこない。

ちなみにNIのフレームグラバーは、上記のVision Acquisition Software込みで
販売されています、USB3のグラバーで一番安いものは30,000円程度なので、
最初から全てNIで 環境構築するならボードごと購入した方がお得です、余談。

私の場合、既存のUSB増設ボード(BUFFALOのIFC-PCIE4U3S)を使いたかったので、
更に下記の情報を発見しました。

NI Announces USB 3.0 Camera Support with NI Vision Acquisition Software August 2013 - National Instruments

ふむふむ、NI Vision Acquisition Software August 2013から対応されたのか、
(August 2013はリリース時期で、バージョン代わりの情報)
今使っているのがAugust 2012だったので、バージョンアップしてみよう。

NI Vision Acquisition Software をバージョンアップしたものの....。

NI Vision Acquisition Softwareは、下記からダウンロード出来ます。

ni.com: "Vision Acquisition Software" - ダウンロード

ちなみにVision Acquisition Softwareを購入するとライセンスキーがもらえます、
以降のバージョンアップでは、上記ダウンロード後に同じキーを入力することで、
そのまま新しいバージョンに移行することが出来ます。

最新版はFebruary 2016のようです、どうせなら最新版に上げた方が良いかな?

と思って、NI Vision Acquisition Software February 2016をインストールしたら、
それが大失敗でした....、なんとIMAQdxの機能が使えないことが判明!

実はLabVIEWのバージョン毎に対応するIMAQdxのバージョンが異なるようです、
下記リンクで発見。(もう少し探しやすいところに載せて欲しかったなあ)

NI-IMAQdx Compatibility with Different LabVIEW Versions - National Instruments

以下引用

f:id:mengineer:20160425084539p:plain

私の環境はLabVIEW2011なので、NI-IMAQdx 3.8.1〜14.5までが対応ですが、
NI Vision Acquisition Software February 2016のNI-IMAQdxは15.5で対象外。

ではNI-IMAQdx 14.5を含むNI Vision Acquisition Softwareを探してみます、
先ほどのダウンロードページで、各バージョンのRelease note を見ていくと、
NI Vision Acquisition Software February 2015 がNI-IMAQdx14.5でした。

更に情報発見、NI Vision Acquisition SoftwareとLabVIEWの対応バージョン表、
最初からこっちで調べれば良かったかな。

NI Vision Acquisition Software Compatibility with Different LabVIEW Versions - National Instruments

まとめ

LabVIEWとIMAQdxにはバージョンの組合せが存在するので注意
・一概に最新版を入れれば良いってもんじゃないよ

ということで、NI Vision Acquisition Software February 2015に
そのうち入れ直して再チャレンジ予定です、また後日のネタにて。

最初からリリースノートを確認しておけば良かったって話ですが、
まさかこんなバージョン毎でマトリクスが有るとは予想外でした、
LabVIEW+IMAQdxで使われている方の参考になりますように!