読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mengineer's blog

ニッチなネタばかりですが。

CameraLink 3.0が出る?

Vision onlineの記事から、またまたMachineVision規格絡みのネタですが、
CameraLink standard 3.0が出るもよう。

www.visiononline.org

主な変更点は、CameraLink HS対応とGenICamの対応、のようですね。

以前GenICamネタでも少し触れましたが、MachineVisionのIF規格、
色々な種類が有ってややこしいです、JIIAの下記の資料が見やすいかも。

http://jiia.org/wp-content/themes/jiia/pdf/fsf.pdf

ちなみに、Japan Industrial Imaging Associationの略ですね。

9ページ目にCameraLink、11ページ目にCameraLink HS、の概要が
表になっています、このpdfは部分抜粋出来ないみたいなので、
ダウンロードして、比較参照して見て下さい。

要はHSの方が新しい規格で、より高速でケーブル長も長く出来ます、
光ファイバーも対応してるようで、それだと5000m!、ほんまかいな。

HSの規格自体は2012年にリリース済みで、対応カメラも出ていました。

Teledyne DALSA to Demonstrate Camera Link HS™ Camera and Frame Grabber at VISION 2014 - Teledyne DALSA

当然パソコン側の画像処理ボードもHS対応のものが必要です、
この辺でコストが掛かるのが、CameraLinkのデメリットですかね。

GenICam対応の件は、以前のGenICamネタその5 で出てきたCL Protocol なども
微妙に絡んできそうです、CameraLinkはAIA(Automated Imaging Association)、
GenICamはEMVA(European Machine Vision Association)で分かれてるのも微妙。

この辺は気合いを入れて調べないといけないので、また次の機会に!